年末を迎え幸せとは何?? について考えてみた件

 今年もあと一週間程度となり、年末特有の慌ただしい日常を送っている方が多いと思いますが、年末落ち着いてから、もしくは年始のまどろんだ時間などに考えてみるのも一考なテーマで記事を書いてみたいと思います。

 「幸せ」の尺度は人それぞれ、身近な所では「どこそこのランチが美味し過ぎて幸せ」的な食欲から「何不自由なく好きな物を好きなだけ買えて幸せ」的な物欲が満たされたことに対して感じる幸福感等々、特に物理的「欲求」が満たされた時に感じ易いことが多いのではないでしょうか?

 有り体ですが、絶えず満たされ続けるとその感覚が麻痺し幸せを感じられなくなる。なんて話もありますね ^_^:

では、反対に不幸せだと感じる時はどんな時でしょう?? 上記のような物理的欲求が満たされない時よりも心理的欲求(承認欲求等々)や先が見えない不安(現在のコロナ渦のような)に苛まれた時に幸福感はてきめんに減少していると実感されていませんか??

 不安や欲求は人に備わった感情で全く感じなくすることも、持たなくすることも出来ないものだそうですが、それらと上手に付き合うことが出来る知恵も人には備わっていますよね??

 知恵は、不安や欲求の本質を暴き出すことや、軽減することを可能にしてくれる便利なツールです。使わない手はありませんよね??
前回の記事にも書きましたが、不安や欲求の正体と言う名の「本質」が理解できれば、対処も可能なはずです。

 まずは、ご自身の中で芽生えている不安や欲求の本質って何だろう?? 「どんなことに不安を感じ、どんなことを求めているのか」に向き合ってみてください。1人で答えにたどり着かない時は、近しい方や友達とゲーム感覚で推測しあうのも楽しいかもしれませんね^・^

当ブログにヘルプを求めてくださっても結構です。 また、こちらの記事からもヒントがもらえると思いますので是非お読みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。