心(気持ち)のゆとりが綺麗のカギ?? 断捨離で心に余白を… ③

 「心(気持ち)のゆとりが綺麗のカギ?? 断捨離で心に余白を… ⓶」の続き、≪後悔・固執・妄執など≫を断捨離(取捨選択)すると、なぜ心にゆとりが生まれ、なぜ(何が)綺麗になるのか? について解説していきます。

 念の為、⓵の記事の解説までの部分もありますので、読み飛ばしていただいても結構です。

 断捨離は「こ〇ま〇さん」でお馴染みとなり、多くの方がご存じのことと思います。(やっているやっていないは別として… 笑)

 今回はその断捨離の手法を「心」や「気持ち」の整理に応用することで、「綺麗」な人になれるのでは?? について書いてみたいと思います。

 断捨離の効用は大きく言えば取捨選択することで、ごちゃごちゃしていた部屋やクローゼットがスッキリする ⇒ 1.清々しい・新鮮な気持ちにリセットできる。2.無駄に気付く。3.ルーズさとの決別のキッカケに。4.不毛もったいない精神からの離脱に。などなど 人によって「心理的」「物質的」「運気向上?」と様々な効用が得られているようです。

 現代人は仕事・その人間関係・溢れる情報・コロナ渦での不安・将来の不安など様々なものを心に抱えて生きています。心のクローゼットがパンパンで今にも爆発しそうな状態の方もいるのでは??

 心や気持ちを断捨離するとはどういったことなのか、また、それが綺麗に繋がるとはどういったことなのか≪溢れる情報≫≪様々な不安≫≪後悔・固執・妄執など≫≪思い通りにならないもの(こと)≫それぞれのケースを見ていきましょう。

≪後悔・固執・妄執など≫

 後悔することは誰にでもあることですが、「それを教訓に次に生かす」か「いつまでも後悔に囚われる」かで心持ちも身体の調子もその後の人生も大きく違ってくることは「頭では」わかっていることと思います。 また、自身の考えに固執することや何かを妄執することも、他の選択肢を失くしたり、他者との軋轢を生んで生きづらくなっていないでしょうか??

 いずれも囚われていることで、自由な発想が出来ず、解決の糸口が見つからず、ご自身の思考の向の中でストレスの無限ループを作ってしまっているように感じられます。 ストレスを溜めること、しかも無限ループでストレスを溜めることが如何に身体に悪い影響を与えるか想像しただけで恐ろしくなりませんか??

 そうならない為にも「後悔・固執・妄執」などを上手に断捨離(取捨選択)することをお勧めします。「後悔していること」に目を向けるのではなく「同じ後悔をしない」為に、へ意識を向けたり、「固執・妄執」していること以外にも考え方や生き方はあることを受け入れたり、「囚われている」ことを捨て去るとこで選択肢や発想は無限に広がっていくはずです。

 自由な発想や選択肢は未来を「わくわく」「どきどき」させたてくれると思いませんか?? 「わくわく」や「どきどき」は生き生きとした日常に繋がり、生き生きとしていることは身体の活性(免疫力や再生力)を向上させてくれる効果が期待されます。

 いつまでも綺麗でいる為には幾つになっても「わくわく」や「どきどき」を忘れないことが秘訣です。 ストレスの無限ループから脱却するために貴方は何から断捨離(取捨選択)しますか??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。