心(気持ち)のゆとりが綺麗のカギ?? 断捨離で心に余白を… ②

 「心(気持ち)のゆとりが綺麗のカギ?? 断捨離で心に余白を… ⓵」の続き、≪様々な不安≫を断捨離(取捨選択)すると、なぜ心にゆとりが生まれ、なぜ(何が)綺麗になるのか? について解説していきます。
 念の為、⓵の記事の解説までの部分もありますので、読み飛ばしていただいても結構です。

 断捨離は「こ〇ま〇さん」でお馴染みとなり、多くの方がご存じのことと思います。(やっているやっていないは別として… 笑)

 今回はその断捨離の手法を「心」や「気持ち」の整理に応用することで、「綺麗」な人になれるのでは?? について書いてみたいと思います。

 断捨離の効用は大きく言えば取捨選択することで、ごちゃごちゃしていた部屋やクローゼットがスッキリする ⇒ 1.清々しい・新鮮な気持ちにリセットできる。2.無駄に気付く。3.ルーズさとの決別のキッカケに。4.不毛もったいない精神からの離脱に。などなど 人によって「心理的」「物質的」「運気向上?」と様々な効用が得られているようです。

 現代人は仕事・その人間関係・溢れる情報・コロナ渦での不安・将来の不安など様々なものを心に抱えて生きています。心のクローゼットがパンパンで今にも爆発しそうな状態の方もいるのでは??

 心や気持ちを断捨離するとはどういったことなのか、また、それが綺麗に繋がるとはどういったことなのか≪溢れる情報≫≪様々な不安≫≪後悔・固執・妄執など≫≪思い通りにならないもの(こと)≫それぞれのケースを見ていきましょう。

≪様々な不安≫
 絶えず不安な「気持ち」でいることは、気持ちが「ざわざわ」していつまでも落ち着きません。その状態は心も身体も、絶えず「ストレス」を感じている状態と言え「身体」が最良の状態(心・気持ち・お肌が最良状態 = 綺麗)を保とうとする力が大きく阻害されている状態と言えます。

 別記事でも触れましたが、「不安」の正体は「未知のもの(こと)」「解らないもの(こと)」に対する恐れでしかありません。正体や答えが解ってしまえば不安は一挙に解消!!
 となるなるのですが、正体や答えが「解りやすいもの」と「解り難いもの」があり、大抵いつまでも心や気持ちの中で燻ぶっている不安は後者に該当するはずです。

 それが、人間関係からくる相手の気持ちなら聞いてハッキリさせる。将来の事なら計画を立て実行し軽減させる。と解っていてもなかなか踏み出せないのが人間ですよね… 

 もう一つの選択肢として浮上するのが断捨離(取捨選択)です。それら不安な気持ちに向き合っても「わくわく」も「ときめき」も感じませんよね?? では、捨てて(考えない・成り行きに任せる)みましょう!! 割り切ってしまえば心や気持ちは楽になり、ゆとりが生まれる気がしませんか?? どうにもならないことに気を病んでも心も身体も疲れるだけですから…

 どうにもならないことを強制的に「捨てる(割り切る)」事で自身を「ストレス」から解放し、心や気持ちに「ゆとり」を作ってあげましょう。そのゆとりはご自身にも周りにも「優しい気持ち」で接することに繋がり、「ストレスフル」から解放される好循環をもたらし、身体が「健康で美しく」あろうとするチカラを回復させ、内面もお肌も生き生きとした状態を取り戻せるようになるのでは??

 不安は決して誰かが解消してくれるものではありません、ご自身が「不安」とどう向き合い、どう解消(取捨選択)し、ご自身の「心や気持ちの安定」「身体の健康」「お肌の美しさ」に結びつけるか?? に掛かっています。
 最初から全て上手くいくとは考えず、少しずつでも「不安」を断捨離(取捨選択)してみてはいかがでしょうか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。