コロナ渦による心の疲れに触れて思うこと…

 先日、昔馴染みのお店に立ち寄った時の店長とのお話です。

 相変わらず元気に愛想よく振舞っているのですが、何だか目に生気がなかったのでお店の外で立ち話をしながらその点に触れてみました。 飲食店ならではの悩みが溢れてきましたが、その中でも気になってのが自分に都合のいい言い訳を絞り出して無理やり自分を納得させている点でした。

 当然私もですが、人は誰しも苦労をしたくありませんよね… 波風なく平穏に暮らしたいと思っているはずですが、外部環境は絶対と言っていい程それを許してくれません。残念ながら…

 店長もストレスの原因にこれ以上、悩みたくない・苦しみたくないとの思いから「無理やり納得できる理由」を探して かりそめの平穏 を求めても、やはり心の奥で燻ぶっているのでしょう心は疲れ、身体にまで変調が現れていました。
 ちゃんと原因と向き合って、ある程度の苦労をしてでも前向きに改善に取り組んだ方がやってる感や充実感で気持ちが楽になるはずだよ と色々な例を出して話してきましたがどこまで心に響いたか… (T T)

 前向きな改善に向けた行動が心の負担を減らしてくれる。 と言う記事を書こうと思ったときにこちらの記事を読んでものすごく納得したのでリンクを張っておきます。

 社会生活の中でストレスを感じることは当たり前のことですが、ストレスの根源への対処の仕方で「若々しくいられる」「老けていく」が分かれるとしたらどちらを選びますか?? リンクの記事はそんな観点で書かれています。興味のある方は是非お読みください。

 また、私はこんなことでストレスを解消している、ストレスとの向き合い方を変えたら楽になったよ などなど
皆さんからのコメントもお待ちしております。(^ ^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。