お肌・身体・心の為に「プチ幸せ」を増やす考え方

 お肌・身体・心の為に「プチ幸せ」を増やす考え方とは、結論から言えば「楽しい」「うれしい」「ワクワク」することを考えることです。

 「つらい」「苦しい」「悲しい」ことをイメージするだけで免疫力が低下したと言う研究結果があるそうです。 考えるだけでストレスを感じ免疫力が低下するなら「つらい」「苦しい」と思って何かをしていれば、イメージするだけよりも膨大なストレスを日々受け続け、免疫力は下がる一方ですよね??

  嫌でもやらなければならないことを「楽しんで」やれるように工夫してみたら、いつもより早く終わることが出来たり、「楽しんで」やったことで仕上がりを褒められるなど「うれしい」結果がついてきたりしたら、次はどんな工夫をしよう? どんな仕上がりなら喜んでくれるだろう? と「ワクワク」してきませんか??
 
 
 また、日常の些細なことにも「プチ幸せ」を感じる場面は隠れています。

・ 美味しいものを食べたり、飲む機会を作って「おいしい」
・ 寝る前に軽くストレッチをしていたら、朝スッキリ起きられて「爽快」
・ 笑顔で接していたら、笑顔を返されるようになって「うれしい」
・ 困っている人の手助けをしたらもの凄く感謝された、なんか「うれしい」
・ 旅行や遊びの計画を立てる「わくわく」する  などなど
 
 対比として真逆の行動は
・ ただ流し込むだけの食事「無味乾燥・ワクワクしない」
・ ながら動画でいつも夜更かし、睡眠不足で「不機嫌」
・ いつも不機嫌に接しているから、周りが冷たくなった「孤独・さみしい」
・ 「何モタモタしいるんだ!」とイライラする、周りから「疎まれる」
・ 無為に時間を過ごす、何だか「面白くない・退屈」
 
 ちょっと考え方や行動を工夫すれば、全く違う結果が出る可能性があります。 相手があることは必ずしも期待通りのリアクションが得られるとは限りませんが、やってみる価値はあるのではないでしょうか?
 
 
 免疫力の低下は、体調の低下を、体調の低下はお肌や心を不健全にすることに繋がってしまいます。 日々の行動の中に「ひと工夫」することで「楽しい」「うれしい」「ワクワク」⇒「プチ幸福」を積み重ね、「お肌」「身体」「心」が活力を取り戻すチャンスを作ってあげて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。